君らしく輝いてくれたらそれでいい。

にかいどうたかしくん、にしはただいごくん、たつみゆうだいくん、いくたとうまくん。ときどきみやけくんとかとりくん。

【実録】27歳ジャニヲタが半年ぶりに合コンへ参加したら、こんなことを感じて帰ってきた。

先週金曜日の話。

 

半年ぶりの合コンに参加してきた。

た・だ・し

彼氏がほしいとか思ってない。

 

負け犬の遠吠えだと思われてもいい。いま、本当に興味がない。気持ち悪いかもしれないが、今の自分はとっても幸せで、一生振り向いてももらえないが、フラれることもない、高嗣という人間に恋してる。とっても楽しい。幸せなんだ。

でも、なんだか女性としてこのままだと干からびるのではないか、という不安はあった。現実を見るべきなのかと自問自答はしている。母にも言われた。「合コンとかないの?」って。母、すまん。こんな娘で申し訳ない。

 

そんなある日、一人の友人が飲み会を開くかもしれないという話をした。これまでの私は、がっついてると思われるのが嫌だったし顔面偏差値の低い私が行くことに迷いがあったので、合コンに参加したくても「誘って♡」なんて言えなかった。でも合コンでうまくいかなくても、男性陣に何を思われても、ジャニヲタな私には大好きな高嗣がいる。振られない。心強い。迷いなんてなかった。

「その飲み会行きたい!!」

そこから日程が決まり当日まであっという間だった。当日は終日休みだった私。でもここはジャニヲタとしての活動も忘れない。そう、金曜日は楽しみなゴゴスマ*1がある。しっかりリアタイして、夕方から出かけることにした。

 

スタート時間は19時半。ゴゴスマを見てからでもかなり時間はあった。最近ジャニ事にばかり時間を割いていたので、買い物をしていなかった。たまにはウィンドウショッピングをしようと思い立ち街へ繰り出した。本当は防振双眼鏡*2も見に行こうと思っていたが、意外と時間がなかった。

  

街を歩いていたら問題が発生した。着ていたワンピースが静電気でくっついてくる。気になって仕方ない。じゃあこの際だからずっと欲しかった白のスカートを買おう!*3と決めた。即断即決。某セレクトショップで購入をし、そのまま着て合コンへ向かった。これがのちにまさか少しいい方向に向かうとはこの時誰も気づかない。

 

そんなときだった。

落ち込んだ。なんなら合コンどころじゃない。いますぐどんな傾向だったのか、来年どうしたらいいのか、対策をたてたい。帰りたい。一瞬そう思ってしまった。でも立ち直りは早い。

ずっと迷っていた。せっかく名古屋に優馬くんが来てくれるなら行きたいと思っていた。締切日当日だったので当選するとは思えないが、私にはこうするしかなかった。ATMに並んだ結果、防振双眼鏡を探す時間がなくなった。

 

さぁ、気分を入れ替えLet's合コンへ!!

4対4の合コン。暗くて、水槽のあるおしゃれなお店の真ん中で、THE 合コン!という感じの横長のテーブルに男性陣が入り口側に背中をむけ3人座っていた。1人は少し遅れてくるということだった。

幹事の二人があまり仕切ったりするのが得意じゃないのか、すぐに自己紹介にはならなかった。女性陣はみんな同い年だったので、男性陣の年齢当てをしたりして、その後流れで自己紹介に。実は私はここにドキドキしていた。

好きな芸能人とかそういう話になったらどうしよう?

余計な心配だった。名前と職業だけで話が広がる。合コン終了までの2時間くらい、職業の話で終わった気がする。なーんだ。ちぇっwちなみにタイプの話とか恋愛話とかにも全くならなかった。恋愛偏差値が底辺な私は助かったと言えば助かったのだが、もう少しドキドキあったら、とも思ってた。

 

そんなただただ楽しいの飲み会(もはや合コンじゃない)でも、少し感じたことがあった。

そう思ったのは遅れてきた1人の男性のこと。

『イケメン』だった。

彼はきっとモテるんだろう。

もちろん外見的な要素も魅力的だが、それ以外にも理由がある。

一人でジャニーズのかっこよさをいろいろと持っていた。キスマイで例えてみるとする。ちょっと(いやかなり)無理があるかもしれないが、ま、そこのところ広い心でお願いします。

①話の盛り上げ方が上手=北山さん・二階堂さん的存在

話を平等にふるのがうまい。横長の席ため目の前の人になりがちだが、できる限り全員に話をふっていた。男性陣とのやりとりも上手。とある男性は自分の気に入った話をずっとしていたが、彼はいろいろな引き出しを持っていた。

②食べ物をとりわけるときの理由が恩着せがましくない(女子への配慮)=藤ヶ谷さん的存在(ちょっと無理矢理)

目の前にあった食べ物をとりわける男子って多いのか少ないのかわからないが、彼はこんなことを言った。

「女子力、女子力ー♡女子力発揮しちゃうよー!!」

ってさらっと笑いながら周りを笑わせながら、周りの女子に気を使わせないようにとりわけてくれた。俺とりわけてますアピールじゃなかった。ま、本当は女子がやるべきなのかもしれないがw

③女子のファッションチェック=藤ヶ谷さん的存在

私がお手洗いに行ったときのことだ。彼は私達が着席してから合流したので、全身スタイルを見ていなかった。私のスタイリングは、ベージュのリネンニットに膝丈の白のフレアコットンスカート。ナチュラル系な服装をしていた。そんな私を見てさらっと

「(上半身が見える状態で)そのニットからふわっとしたスカートが意外だった!いいね!」と言った。他の男性陣からもそこまで見てるの!?と言われいるくらいだ。すごい。なかなかやるな。

④とにかく気分をあげるような発言をする=千賀さん的存在

彼に「◯◯ちゃん(某女優さん)に似てるって言われたことない?」と言われた。実際のところ、1回だけ同期の女の子に言われたことがあったが、私自身似てないと思ってた。私はその女優さんが好きなため、似ているだなんて自分では絶対言えない。今でも思ってない。でも彼はさらっと言ってきた。ファンサだ。

解散するときにもファンサをしてきた。私の仕事場はわりと誰でも出入りのしやすい、いわば接客業なのだが彼が「今度行くね!」とささやいた!いや、ささやかれてないのかもしれないが(もう記憶曖昧)とにかく今思うと、ロマンティックな口説き方みたいにこんな社交辞令を言ってくれたので、気分を良くした私は「ぜひ!!」と満面の笑みで答えていた。ファンサだ、ファンサ。

 

そんな一人でキスマイになれちゃう要素をもった彼はきっとモテるだろう。反対にこれらをアイドルとしてできるジャニーズは人気に決まってる。だから共通点が多いなと思った。

 

ちなみに、これ以上の進展はない。

きっと彼女いるんだろうと思ってるし、私自身どうかなりたいという気持ちはなく、ただ検証対象としてすごく魅力的だったので記事にした。罪な男だな。

あと、私がもし4人の中で1番よかったなと思ったのは、彼ではなく、少しよっぱらった私のためにあったかい烏龍茶を何も言わず頼んでおいてくれた真面目そうな男の子である(こんなところがニカ担になる要素を持っているのかもしれない。決してモテるキングや玉ちゃんではなく、二階堂さんにおちた理由がここなのかもしれない。)

 

家に帰って、舞祭組のやっちゃった!個人盤特典の等身大・高嗣が部屋の入り口に佇んでいた。これが私の現実。高嗣、ただいま。

「合コンないの?」といいながら、「宮っち*4みたいな人連れてきてね♡」という母。結局、母娘でキスマイの沼にはまっている。

*1:東海地方のローカル情報番組。金曜日はふぉ〜ゆ〜がレギュラー出演している。

*2:結局ジャニ事

*3:ちなみにワンピースの上に春ニットを重ねていたので、ワンピースを脱いでも問題なかった

*4:母は宮田担

Kis-My-Ft2は本当にブサイクなのかーお茶の間ジャニヲタがキスマイにどっぷりはまった理由がここにはあるー

人気急上昇中のジャニーズのアイドルグループKis-My-Ft2の冠番組キスマイBUSAIKU!?(フジテレビ系)が、2015年4月6日より月曜11時枠に昇格が決定した。この時間帯は過去にあいのり(1999年-2009年)やテラスハウス(月曜11時枠は2013年10月14日-2014年9月29日)など人気番組が放送された時間。この枠にKis-My-Ft2の冠番組がくるとなると、また知名度があがるであろう。人気があがるかどうかに関しては、内容次第、であるが。

 

私(27歳)はこの番組をきっかけにKis-My-Ft2を追いかけるようになった。これまでもジャニーズアイドルが大好きで、様々なグループや個人をお茶の間ながら見つめていた。現場に行ったのは中学生のときに当時ジャニーズJr.だった生田斗真さんを一目見ようと行ったコンサート2回のみ。そこからは女性アーティストにはまる日々。10周年を迎えたV6握手会(2005)に受験生ながら参加した以外現場に足を向けることもなかった。

 

そんな私の平々凡々な人生を180度変えたのは、他でもないキスマイBUSAIKU!?(以下キスブサ)である。キスブサを見ようと思ったきっかけは、いつかのSMAP×SMAP中居正広さんが「キスマイってキスマイブサイクっていう番組やってるんだぜ。すげーよな。ジャニーズが冠番組に“ブサイク”ってついてるんだぜ」といった趣旨のことを言っていた。確かに。ジャニーズはカッコよくてキラキラしたものの象徴。それなのに“ブサイク”と番組についてしまっているキスマイはどんな番組をやっているのかと興味をもつようになった。そこからキスマイの沼にはまる。

 

そもそも、ジャニーズ大好きな私がキスマイになぜ注目したことがなかったのか。その答えは簡単である。キスマイを私自身“ブサイク”だと思っていたからだ。本当に申し訳ない。デビュー前のキスマイをメディアで何度か目にする機会があったのだがはまることはなかった。ごくせんSP(2009年 日本テレビ)、美咲ナンバーワン(2011年 日本テレビ系)でもそして美男ですね(2011年 TBS系)でもキスマイの魅力に気づかなかった私がどっぷりはまったのはなぜなのか。それはキスマイ7人の飾らない魅力がふんだんに発揮されている「キスマイBUSAIKU!?」という番組があったからだ。

 

そんな飾らないキスマイは本当に「ブサイク」なのか。まず、ブサイクとは何か。

不細工 - Wikipediaとは元々容姿のことをいう。ならばキスマイはブサイクじゃないというのは、私にキス担フィルターがかかっているから。人にはそれぞれ好みがある。ならば、中身はどうか。中身はそんなに好みの差はないはず。そうだ、彼らの中身は、“ブサイク”じゃないはず…。さぁ一人一人検証してみよう。

 

北山宏光さん(29歳)

キスマイにはリーダーがいないが、リーダー的存在。番組ではMCを担っている。顔は童顔で最年長なのに最年長には見えない彼。今年の9月に30歳を迎えるのにも関わらず、番組では学生服がメンバー1似合っていると話題にも。ただ、言葉のチョイスがチャラく見えてしまうのが玉に瑕。また、番組では自分の好みを押し付けてしまう風潮(きのこ料理、スラムダンク等)が少し見えるが、それは照れ隠しであろう。考え方が昭和な部分があるが、人への配慮はMCを目指す彼には一番ある。三歩さがって男の人についていきたい、でも亭主関白になりすぎない、そんな男の人が好きな女性には北山さんがピッタリではないか。

 

横尾渉さん(28歳)

キスマイのお母さん的存在。しっかり者で料理が趣味。ただ、滑舌が悪いためたまに何を言っているかわからないことが多い。番組では滑舌の悪さやおかしな表情をとりあげられがちではあるが、一番の常識人である。自分を曲げない強さもある。俯瞰的に物事をとらえられる大人。ただ、女性心の理解は欠けている印象。気になることがあったら好きな人でもしっかり注意をしていくであろう。彼こそ亭主関白な人が好きな女性にピッタリ。ちなみに私の周りの非キスマイファンの友人に一番人気である。スタイル抜群なところが好評。

 

藤ヶ谷太輔さん(27歳)

キスマイのキング。正直最初は本当に格好つけてるだけだなと思っていた。ただ彼を知れば知るほど本当に格好いい。女性の心の理解力はメンバーでもダントツのナンバーワン。女性の心を理解するため母親の意見を取り入れたり、女子のファッションをチェックしたり、努力を怠らないキング。非の打ち所がなさすぎて反対にサプライズなどは少々苦手な印象も。ただアイドルとしてのプロ意識も高く、魅せ方もピカイチな彼。藤ヶ谷父さん時代*1を知っている私としては、どうした?藤ヶ谷!という思いがあったが、彼は努力の人だと思う。男女問わず好かれる、「キング」と言う名にふさわしい人物。

 

宮田俊哉さん(26歳)

全国放送になってから7位獲得が1番多い。屈託のない笑顔がにやけていると負の印象にとらえられているのは、ファンとしては悲しい。緊張しいでその場の雰囲気を面白くさせたいという傾向が強い。カッコいい◯◯の仕方といったテーマの際にアニメを引用しすぎて、現実の女子にひかれること多数。ただそんな不器用さがかわいくて仕方ない女子にはたまらない。宮田さんに関しては、現場でみたときのかっこよさはテレビで見る100万倍のかっこよさ!!THEアイドルだ。キスブサにおいて彼は内面の良さが評価される項目だと強い。何気にキスマイの中でも一番賢いと私自身は感じているので、彼の賢さを前面にだしたテーマを期待したい。

 

玉森裕太さん(24歳)

キスマイの圧倒的人気を誇るエース。幅広い層のファンがいる彼。一般的にも受け入れやすいかっこいいルックスの中に、ちょっとほわっとした性格のギャップがたまらないのであろう。ただこの番組では、たまに奇想天外なことをするときがある。それは本人曰く飾らない自分とのこと。その振り幅がまたもや世の女性を虜にするのであろう。天性のスター気質があるが決して驕らない。自然体なままでかっこよさの溢れ出す彼は、誰からも愛される絶対的エース。女性の気持ちも理解しようと努力もしており、その結果を自然と出せるのが彼の魅力であり強さでもあると考えられる。

 

二階堂高嗣さん(24歳)

キスマイの裏番長的な存在。バラエティーが好きで北山さんに次ぐ熱い心の持ち主で根は真面目。ただ、思ったことをそのまま言ってしまう不器用な人間。正義感あふれる彼だが、自分を模索している面が多々見える。ただそれが柔軟性にもなって、いろんな事を吸収できるのが彼の強みでもある。女性心の理解力に関しては皆無といえるが、それがかわいいと思える大人な女性には定評がある。番組においての振り幅も広い。教師や人へしっかり語るものに関しては強いが、サプライズ系は突拍子もないことを考える節があるのでそれが吉と出るか凶と出るかにわかれる。

 

千賀健永さん(23歳)

キスマイの最年少で、感受性豊かな人である。女子の行動にはメンバー1詳しいが、女子の心となるとたまにズレてしまうこともある。劇的なことが好きなようでやりすぎてしまう節が見受けられる。格好つけるとホラーと言われる危険性も。ただ、サプライズに関しては一番強い。かわいく飾り付けをしたり、女子の喜ぶものを用意することができる。「女子は」と言う言葉を多発するので、度々オネェ疑惑が発生する。ただ、コンサートでのダンスは最高。振り付けを担当するなど、自分の特技・強みを理解している。まっすぐなピュアボーイ。

 

これが私的キスマイの見解だ。いや、語りたいことはもっとある。彼らはブサイクではない。女性の心を100%理解してない部分もあるが、それこそが彼らの魅力である。私はこのキスマイBUSAIKU!?という番組を通して、キスマイを知り、実際に雑誌などの媒体、そしてコンサートという場で彼らに触れることで、ますます魅力を感じることになった。この番組が私の人生を変えてくれたと言っても過言ではない。月曜11時という今よりもっと幅広い層の視聴者が増え、今後どのようにキスマイが見られていくのか、そして彼らがどう大きくなっていくのか、期待でいっぱいだ。

*1:裸の少年(テレビ朝日)で父さんキャラであった