君らしく輝いてくれたらそれでいい。

にかいどうたかしくん、にしはただいごくん、たつみゆうだいくん、いくたとうまくん。ときどきみやけくんとかとりくん。

Kis-My-Ft2 CONCERT TOUR2018 名古屋公演を終えて

※コンサートのネタバレもあります。それ以外に正直気分を害す内容かと思います。私個人の捉え方なので、こんな考えの人もいるんだなと思って見てもらえたら幸いです。

 

Kis-My-Ft2 7人を好きでいてください」

 

私の担当・二階堂高嗣はよくこんなことを言う。

以前は好きなメンバー、苦手なメンバーっていうのがあった。でもメンバー個々に対しての苦手な気持ちは薄れていっている。適材適所で個々の仕事をこなしているし、誰か1人をターゲットにしていじり倒すような風潮も少なくなってきた(まだあるかもだけど、ちょっと前はひどかった)。舞祭組に対してはいろいろ思うこともあるけれども、舞祭組のツアーは最高によかったし楽しかった。テレビでの舞祭組というキャラクター・役割と、横宮二千のファンが中心のコンサート会場での魅せ方を変えていると感じられたから、舞祭組も応援しようと思えるようになってきた。(ただあまりに舞祭組がパブリックイメージに徹したことばかりになると辛くなるけど。)

 

Kis-My-Ft2のドームツアーが始まった。今回のツアーは二階堂さんと千賀さんが構成を考えていると聞いた。舞祭組ツアー中、次のキスマイのツアーは自担に構成を考えてもらいたいとも願っていた。アルバム曲も良曲の多いキスマイ。どんなセットリストで来るかな?と楽しみだった。

 

オープニングはファンの中でも人気、私もKis-My-Ft2の曲の中ではダントツに好きなバラードから始まった。カップリング、アルバム曲、ファンから絶大な人気を誇る曲など、全力疾走したセトリで本当に楽しかった。映像を挟んで、新しい装置を使ったキスマイらしいゴリゴリした曲からのしっとりとしたダンスを魅せたあたりまではよかった。Kis-My-Ft2のこれまでのコンサートで楽しかった内容の集大成のようなセットリストとパフォーマンスだった。

 

いきなり大きなバルーンが現れたあたりから個人的には不穏な空気を感じた。きっとファンと一緒に楽しみたいという考えだろう。わかる。気持ちはわかる。でもバルーンが来ない席にいた私はおいてけぼりを喰らうと同時に、それまでの興奮が一気に冷めた。1曲挟んでのMC。名古屋2日目はまだよかったが、初日はひどかった。宮田さんにはもっともっと自信をもってもらいたいし(宮田さんの話は本当に面白い。だからMCは適してると私は思う)、そんな宮田さんをしっかり支えられる環境を6人は作って欲しい。

 

Travis Japanとのかけあいも曲披露も初日はもっといいやり方あったんじゃないかと思うくらい酷かった。ただ2日目でかなり修正はされていたから、良かったのかなと思う。あとはキスマイ担がTravis Japanに対してもっと盛り上げていければいいなと思うので、たった1人の力かもしれないが、彼らをしっかり応援しようと思う。

 

問題はここからだった。

藤北玉のコーナー。もちろん、舞祭組にはコンサートがあって、アルバムもシングルもだしてるから、3人の見せ場があることには何の異論もない。たしかに自担の出てこない時間は長いなとは思ったが、アルバムにソロやユニット曲が入っていた時点でやることは明白だったし、普通に楽しませてもらってる。藤北のパフォーマンスは特に凄かった。

でもそのあとが1番ひっかかった。舞祭組。「俺達もかっこよくやりたいなー」といいながら変顔をする。会場が笑いの渦に。耐えられなかった。かたやめちゃくちゃかっこいい演出をした直後に、笑われる。ぶっさっさーも全然知らないまわりの藤北玉担。舞祭組のコンサートで感じた横宮二千担のあたたかさと一体感からのこの落差。これが箱推しされない理由だってこと気づいてほしい。藤北玉担に舞祭組を好きになれ、舞祭組の曲を聞けなんてことは求めない。横宮二千担もいるKis-My-Ft2のコンサートで、パブリックイメージの舞祭組はいらない。ぶっさっさーはいい曲だ。かっこよく楽しくやってくれたらよかった。ふざけないといけない場面だったのかな、笑われたいのかな。すごく悲しい気持ちになった。

 

このあとは正直記憶がない。

コンサートを見に行くと、二階堂高嗣の見せ場が何かしらあった。今年はこれというものがない。

二階堂さんは楽しめてるのか、自分のイメージしたコンサートにするための答え合わせばかりしてないか、と不安になった。客観的なことばかり考えすぎて、二階堂高嗣を表現するということをないがしろにしてないかと私は思う。7人全員を好きになってほしいという前に、自分たちで「格差」をつくらないでほしい。キスマイはわれが我がと言うタイプが1人もいないのはいいことでもあり、悪いことでもある。もっと7人全員が個の力を表現できていたら、集まった時に無敵になるんじゃないかと思う。

 

二階堂さん、もっと自分に自信を持ってください。もっとコンサートは楽しんでほしい。